謹製いちご”ひとえ”美味しさの秘密

image

1. 美味しさを引き出すために低温で栽培

昼間の温度、夜の温度を低くして栽培しています。

あえて低温で管理することで、通常よりも収穫までに時間をかけています、時間をかけて赤くなった分、美味しく仕上がります。しかしこの方法だと収量が少なくなります。

2. 手間ひまかける水やり

手動で灌水しています。

その日の天候、気温、苺の株の状態など考えたうえで灌水する時間、量、回数などを毎日変えています。

image

3. 花を厳選

厳選した花を残しその他の花は摘んでしまいます。

摘んでしまわなければその花も充分に美味しい苺として収穫できるのですがそこはあえて花数を制限しています。そうすることで厳選された花に栄養や糖分が行くと考え、栽培しているからです。

4. 極選仕様

期間を限定し苺を極上選別しています。

苺の一番おいしい季時期にあたる1月中、下旬~2月中、下旬までの (苺の状態や、品質により変更することもあります)もの極上選別。この時期は寒さも厳しく低温でじっくりと時間をかけて栽培できます。

image

5. 土壌の消毒は太陽の熱で!

有用微生物の死滅が少ない太陽熱での殺菌。

苺を植える前には、土壌の消毒を行います!これは土のなかにいる悪い菌を死滅させるためです!当園では、土の上にビニールを被服して太陽の熱で殺菌、消毒をしているため薬剤を使用していません。そうすることで、有用微生物の死滅が少なく土壌に好影響を与えます。また、薬剤を使わないので環境にも優しく作業も安全です!

6. 安心してお召し上がりいただける特別栽培

特別栽培農産物の認証。

当園では、埼玉県が認証している、特別栽培農産物の認証を受けています。埼玉県の基準に基づき、農薬、化学肥料(窒素)の使用量を半分以下にして栽培しています。

7. エコファーマー認証

環境に優しい農業を実践する農業者。

国が定めた基準に基づき埼玉県が認定している環境に優しい農業を実践する農業者です。

埼玉県特別栽培農産物とエコファーマー


image